会社沿革

 

1980年    現・代表取締役社長中西 早稲田大学商学部を卒業、㈱豊田自動織機に入社。

         営業・購買部門を担当。

1990年    現・代表 中西 ㈱豊田自動織機を退社、渡米。

         ニューヨーク州立大学(NYU) にてマーケティング専攻

1996年    トヨタ系企業向けに省エネのコンサルティングを行う会社設立。省エネ機器の販売を行なう。

         下水道減免の事業を開始。

2003年    経済産業省管轄 中部ESCO推進協議会に登録。総合省エネコンサルティングをESCO

         事業にて開始。

2004年    商号を有限会社タチバナコーポレーションに変更。本格的に、コンサルティング事業を展開。

2005年    イオングループと下水道減免事業の契約締結。

         東海地区イオンを中心に下水道減免事業拡大。

2006年    商号を株式会社ヴェルテックスジャパンに変更。

         下水道減免事業を強化。代理店網を拡大。(東京、大阪、群馬、青森、札幌、広島、福岡 他)

2012年    名古屋支店開設ヴェルテックスシステム(下水道減免新事業)』を開発。

                    本システムにて特許取得(特許番号:5087713号)

2013年    東海、関西地区を中心として、下水道減免事業を強化。

2015年    新たな『ヴェルテックスシステム(改ざん防止システム)』での特許取得。

         (特許番号:5804338号)

         施設からの排水を浄化処理し、公共水域への放流を実現するシステムを『ゼロシステム』

         として商品化、販売開始。

2017年    中部支社(愛知県刈谷市)を開設。

         ゼロシステムを補完するシステムとして、常時水質監視システム、及び自動切換えシステム

         を特許取得。(特許番号:6168545)

         本格的なゼロシステムの販売を開始。

         ゼロシステム(処理装置)に、㈱JR西日本テクシア社の電気分解装置(J-Treat)を導入。

         (㈱JR西日本テクシア社と技術協力に関する契約締結。)

2018年    温浴施設、フィットネスクラブ、ホテル、リネン等 使用水量の大きい施設向けのゼロシステム

         を販売開始。

 

ダウンロード
<ヴェルテックスジャパン 会社概要(詳細) PDFダウンロード>
2018年8月に当社HPが完全リニューアル予定です。
その間の会社概要(詳細)を、以下PDFダウンロード頂くことができます。
ヴェルテックス会社案内Ⅳ (2018年改訂版).pdf
PDFファイル 1.3 MB